FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢 奥 深 潜む影



まるで自らを閉じこめるように
 地下深くに存在する彼女の部屋
それは部屋と呼ぶべきなのか
 それとも牢獄と呼ぶべきなのか
今日も少女は虚ろな夢を見る

繰り返す度、痛みを刻み続ける軌跡
そして今日も彼女は夢を見る
彼女の辿ってきた軌跡を……






ある人曰わく…「それは鏡の中に映った幻想」

孤独な少女が見つけた大きな鏡(Spiegel)
その中で微笑むのは自分ではない自分

「寂しくない?」
「寂しくないよ」

悲しみを抱きながら眠りにつく

「苦しくない?」
「苦しくないよ」

それは鏡合わせの双子

鏡の中に見つけた少年は いつの日も彼女に微笑んだ
少女は少年と過ごす時間が楽しみとなり
いつの日か彼を自らの「兄」と呼ぶようになった
孤独の中に見つけた「温もり」
彼はいつしか鏡の中から抜け出した

少女が歌った悲痛な子守歌(Wiegenlied)
灼け付く痛みの夢が心抉る
少年が歌った優しい鎮魂歌(Requiem)
重なり合った調べ それは不協和音(Dissonanz)

強大な力を孕んで生まれた少女は
力を抑制すべく塔に閉じこめられた
孤独に苦しんだ少女が生み出したのは
似て非なる自らの幻想(Doppelgänger)



----------------------------------------------------------------




「……ン?……アーンー………」

「……うぅぅ、誰さぁ……まだ眠いぃ……」

「ほーら!起きるんだアン!遅刻するぞ!!」


ばさぁっと布団を捲られ、闇は目を覚ました。
ヒンヤリとした空気が身に染みる感覚、冬の朝はキツイ。
いやいや起きあがって、寝惚け眼をこすった先には
双子の兄の顔があった。


「おはよっ!喜べー!今日の朝ご飯はオレが作ったんだぞー!」
「……朝からテンション高いね……暁」


まあな、と笑うと暁は手にした布団をたたんで案の足下に置いた。
自分の着ていた上着を闇の肩に羽織らせると、出口に向かって小走りする。
早く早く、と誘われるがままに、闇は暁の後を追った。
隣に並んだ時に、不意に飛んできた兄の質問。


「……そう言えばさ、なんの夢を見ていたの?」
「……ん?……それはね……」


兄弟が初めて出会ったあの日。
鏡の奥にいた、彼は今も隣に…




スポンサーサイト

テーマ : Silver Rain
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

背後「影」

Author:背後「影」
最近いろいろと忙しくなってきていて体力的には死にそうなんだが、精神的にはネタが溢れてどうしよう的な感じの存在。絵描きで字書き。だが遅筆。


1st 黒羽・闇(b20433)
2nd 鎖山・テト(b20546)
3rd 鎖山・ペコ(b26657)
4th ルートビッヒ・オルフォイス(b35264)
5th 白河・月(b40042)
6th 榧口・銹(b42822)
??? 九十九尾・宮呼(b60704)




リンクは今のトコシルバーレインをやってる方に限りフリーです。

ブログ内のイラストの内、背後の影が書いたものと記述してあるもの以外の作品は、トミーウォーカー(株)のPBW『シルバーレイン』用のイラストとして、上記7人が作成を依頼したものです。イラストの使用権は上記6人に、著作権は登録絵師様方に、全ての権利はトミーウォーカー(株)が所有します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ヴィルヘルム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。